ウーマン

サブメニュー

クマを治療することができる|もう悩まない

予防と美容整形

目元

眼輪筋を鍛える

代表的な老化現象に目の下のたるみがあります。目の下の脂肪が突出してふくらんできて、それがたるんで見える現象です。目の周りには眼輪筋がありますが、眼輪筋の働きが弱くなると眼窩脂肪が出やすくなります。たるみをなくすには、眼輪筋の強化が必須です。眼輪筋はウィンクをしたり瞬きをすることで鍛えられます。しかし、眼輪筋の筋トレは、どちらかというと予防に効果的です。すでに出来てしまったたるみを、自己流筋力トレで改善するには限界があります。深刻化した目の下のたるみをなくしたいなら、美容外科での整形がお勧めです。最近では切らない方法でたるみが治せます。ただし、メスを使わない治療であっても、確かな技術を持つ名医のいるクリニックで受けることが大切です。

注射だけで取れる

美容整形は一昔前よりも敷居が低くなっています。目の下に出来てしまったたるみも、切開を伴わないプチ整形ですっきり解消できるからです。眼窩脂肪を取り除く治療も、注射器だけで出来ます。注射器を使用して、まぶたの中からたるみの原因となっている眼窩脂肪を吸引します。傷跡が残らず、確実な効果があります。自分自身の脂肪や血液を利用する注射式のプチ整形もあります。目の下がくぼんでいる場合、脂肪を注入すれば皮膚を盛り上げることができます。自分の血小板を注入するPRP治療もたるみ治療に使われています。成長因子が含まれた自分自身の血液を使って、皮膚の若返り効果を高める治療です。コラーゲンが増えて目元が若々しくなります。